MENU

メバル釣り(淡路島、鳴門海峡)修行からの…夕まずめ爆釣!!!

  • URLをコピーしました!

釣りもの   :メバル
釣り方    :サビキ釣り
日付     :3月27日(日)
日の出    :5:56
天気     :曇りのち晴れ
最低・最高気温:11℃、15℃
潮回り    :長潮
干潮・満潮時間:干潮15:39、満潮8:39、17:59

川西池田の釣り友さんにプレジャーボートのメバル釣りを誘って頂きます。
鳴門海峡の釣りは初めて!色々と教えて頂いて準備をします。

前日の土曜日は爆風でNG、日曜日は波が残る予報ですが出船時間を遅らせてギリギリ出船可能との事で荷造りをします。

久しぶりにロッドキーパーの出番です。

いつもの出発前のよめの釣果予想は…

よめ

わたしの明日の予想は10🐟

タコ

タコじゃないんやし
もうちょい釣って貰わないと🐟

だんな

鳴門でメバル釣りは初めて。。。

釣り友さんと川西池田駅で待ち合わせ!
今年初めてのお会いで『今年も宜しくお願いします』と挨拶をして、釣り友さんの車に荷物を積ませて頂いて淡路島の丸山漁港に向かいます。途中のコンビニで食料と水を確保します。

道中に色々と情報交換をしながら、無事に丸山漁港に到着!

のどかな港町で凄くいい処です。今日お世話になる船の前に車を駐めて、船長を待ちながら準備をします。

タックル
ロッド     磯竿1.5号 4.7m、船竿6:4調子50号 3.0m
リール     シマノ バルケッタプレミアム150DH XG
ライン     PE0.8号
リーダー    フロロカーボン3号
錘 40号

瀬戸内海のメバル専用竿は錘負荷15号で40号を使います。だんな専用竿は持っていないので釣り友さんと相談して磯竿1.5号メインと考えます。

仕掛けは釣り友さんに用意して頂いた里見サビキ8本針 激渋タイプ(緑・オレンジ)ハリス0.8号、モトス1.5号です。
鳴門メバルは尺(30センチ)混じりで、鳴門海峡の激流にもまれた筋肉質!もう少しハリスを太くしたい処ですが、太いと喰わないということでハリス0.8号使用です。

錘はだんなの性格もあって派手系を使いたい処ですが…釣り友さんから

釣りトモさん

新品の光沢ある鉛はメバルが嫌います!
使い古しの鉛か、艶消しブラックに塗ってきてね!

船長さんが来られて今日はお願いしますと挨拶をして船に荷物を積み込みます。

釣り友さんに貸して頂いたタモ網
魚を生かしておく生け簀

釣り友さんにタモ網を貸して頂いたり、色々とは気配りをして頂いて感謝です。だんなはミヨシが釣座です。

船は丸山漁港を出港!舵を沖に切ります!

前日の波が残っていて、まずまず揺れます!
『メバルは凪を釣れ』の格言がありますが、メバルは大きな目の魚!
適度な濁りがある方が警戒心が緩んで釣りやすいです。

ポイントに到着。釣り友さんの水深と魚探反応の棚指示のアナウンスで仕掛けを海底に沈めていきます。

釣りトモさん

水深40m、反応は35mまで!

錘が着底!指示棚でまずは仕掛けを静止させます。
船が左右に揺れて、竿が上下に動かないようにするために柔らかい竿を使っています。
明石と鳴門で若干違うこともありますが、まずは仕掛けを静止して潮流でサビキが揺らめいてメバルを誘います。

魚探反応はしっかりあるのですが、誰も竿にもアタリがありません!

タコ

だんなさん、3連チャン🐟🐟🐟
(サクラマス釣り→ガシラ釣り→メバル釣り)
の出遅れ???

メバルの反応が無ければ、デッドスローに巻き上げたり、デッドスローにフォールをいれます。
カケ上がり、カケ下がりのポイントを根掛りに注意しながら攻めていきますが、メバルの反応が無くポイント移動です。
正直ここまで渋いのは想定外!時合と誰かが1匹かける事で状況が一変するので諦める事なく誘います。

何度目かのポイント移動からの錘着底。静止からデッドスローの巻き上げでサビキを魚が追いかけている感じ!
一度静止をいれて、少しデッドスローにフォールを入れると…

サカナ

ココッ!

鳴門海峡!初アタリ!
追い食いさせる余裕は全く無し(^_^;)
竿にしっかり魚の重さが乗ったのを確認してゆっくり巻き上げます!
0.8号のハリスで無茶は禁物です!メバルが下に突っ込む時は巻かずに竿の弾力でいなします!
水面近くに浮いてきてタモですくって無事にキャッチ!

身の盛り上がった筋肉質の鳴門メバル!めちゃカッコいいです!!!

タコ

せっかく1匹かけたのに。。。
追い食いさせるか、誰かの竿が曲がるまで
待たなきゃ。。。

船長さんが色々なポイント移動してくれますが、メバルからの良い回答がありません。

鳴門大橋の直下に移動!乗った事のある鳴門渦潮をみるフェリーを釣り船から見る景色は圧巻です。

鳴門大橋下は色々な魚の1級ポイント!遊漁船含めて船団になっています。

何処に行っても、どう攻めても反応が無し。ビキナーズラックで1匹釣れたかなぁ〜(^_^;)
船長さんの提案で、一度漁港に戻って1時間休憩をして夕マズメを狙う事にします。

だいぶ波が穏やかに!風車が勢いよく回っていたのが、緩くになっています。

無事に寄港して、漁港の方々と情報交換です。

だんなは折角の初めての土地!色々と散策をして〜

だんな

大漁橋!えべっさん!
リスタートは釣れますようにm(_ _)m

タコ

神頼みw

いい気分転換をして、船は丸山漁港を出港!舵を沖に切ります!

湖面のようなベタ凪!波が無くなって釣りやすくはなりましたが、あまりのベタ凪具合に正直あまり釣れる気がしません(^_^;)
『釣れない時は、魚が考える時間を与えてくれたと思えばいい』のフレーズが脳裏に浮かびます!

いくつものポイントを回って夕マズメに鳴門大橋の近くに!

魚探に喰いそうなメバルの反応を発見!!!

素早く仕掛けを投入!着底から指示棚までサビキをデッドスローに巻き上げると…

サカナ

ココン!

久しぶりのアタリ!もう夕暮れまで残りわずか!
1匹掛けて、リールを2回巻いて追い食いを狙います!

サカナ

ゴンゴンゴン!!!

十分魚の重さを感じながら巻き上げます!ハリス0.8号!無理は禁物と心の中で言いながらツッコミには竿を止めていなします。水面に浮いてきたメバルを船長さんに順次タモ入れして頂いて〜

3連掛け!どれも25センチサイズのメバルです!気持ちいい!!!

ここから船中爆釣りモードに突入!数を伸ばしながら〜

真鯛含めた5連掛け!めちゃめちゃ引きます!

どのメバルも最高のプロポーションです!

細軸のハリに0.8号ハリス!
それに25〜30センチのメバルが掛かって違う方向に走られるとハリスが切れたりハリが伸びます(・_・;)

この5連掛けで8本針のハリスが2本切られて真鯛に針を折られます。残り5本針しかもメバルの引きで仕掛けがヤバそう、残り時間を考えると時間ロスしても仕掛け交換をするか悩むところ!

トモで川西池田の釣り友さんの竿が凄く曲がっています!

素敵な笑顔に教科書通りのいなし!そしてタモ入れの取り込みです!無駄のない動きですごく勉強なります!

デカメバル5連掛けです!!!

ここで船長さんが仕掛けを新品にすると言うので、だんなも迷わず新品に交換!

ラスト流しのコールで!着底から指示棚で止めると『コン!』
もうラスト!仕掛けを潰すつもりでじっくりと追い食いさせます!
しかし…喰ってくる気配が無くゆっくり巻いた瞬間!

サカナ

ゴゴゴゴゴ!

1番上に掛かったメバルが捕食物を吐いた瞬間、周りのメバルにスイッチが入って他のサビキに喰い付いたよう!
今日1番の引きでなかなかリールが巻けません!!!
突っ込んだらいなす、少しづつ距離を縮めて透明度の高い鳴門の海面にメバルが見えます!1匹づつ無事にネットイン!!!

ラストはデカメバル6連掛け!

最高に気持ちよいです!

周りは暗くなって沖あがり!船長さんと釣り友さんにお疲れ様でしたの挨拶をして道具を片付けます。

船は丸山漁港に舵を切ります!

無事に寄港!釣り友さんがメバルを〆てくれて記念撮影!

だんな生け簀分
3人分の釣果

まずは誘ってくれた川西池田の釣り友さん、遅くまで頑張ってくれた船長さんに感謝ですm(_ _)m

船長さんにお礼の挨拶をして、釣り友さんと帰路につきました。

だんな釣果:メバル19匹、真鯛1匹※竿頭の釣り友さん34匹m(_ _)m

タコ

メバル釣りは奥が深いなぁ〜
アタシほどでは無いけどw

だんな

目標クリアしたしOK?

よめ

いつになったらタコ釣り行くのかしら???
※明石は5/1解禁です🐙

〜〜〜後日〜〜〜

姿造り、炙り
淡路島の新玉ねぎと煮付け
1週間熟成して刺し身
よめ

どれも美味しく頂きましたm(_ _)m
自然の恵みに感謝ですm(_ _)m

コメント

コメントする

目次
閉じる